Tweet

純資産(会社設立と増資、創立費と株式交付費の違い)

テーマ:純資産(設立、増資)

2016年度の範囲改正により、簿記2級の学習内容が変更される論点です。純資産の評価・換算差額等として、その他有価証券評価差額金が新しく範囲になりました。

資本金と資本準備金ってちがうもの?

お、難しいこと勉強してるね。ちがうものだよ。

どこがちがうの?

会社法で決まっているんだけど、、、話すと長くなるよ?

いやー。じらさないでー。

途中で寝ない? 大丈夫?

パブロフ知りたい!

じゃあ説明するね。設立と増資はよく出るから、しっかり覚えておこう。

 

純資産

純資産については、会社法(会社についての法律)で名称やルールが決まっていて、実務もそれに従って処理しています。日商簿記2級で出てくる純資産は次のとおりです。



株主資本 資本金
新株申込証拠金
資本準備金 資本準備金
その他資本剰余金
利益剰余金 利益準備金
任意積立金
繰越利益剰余金
評価・換算差額等 その他有価証券評価差額金

資本金
設立や株式発行のときに、株主が会社に対して払ったお金のうち、「資本金」とした金額。いくら「資本金」にすればよいかは、会社法で決まっている。具体的には、設立や株式発行のときに、株主が会社に対して払ったお金のうち、半分以上を資本金とする必要がある。

資本準備金
設立や株式発行のときに、株主が会社に対して払ったお金のうち、「資本金」としなかった残りの金額。

利益準備金
会社法の定める必要額を積み立てるもの。会社法で、積み立てが義務付けられているもの。

任意積立金
資本準備金や利益準備金のように、会社法で積み立てが義務付けられているわけではなく、会社が独自に積み立てている積立金。
例:別途積立金、新築積立金など

繰越利益剰余金
会社がこれまでに稼いだ利益のうち、配当せずに残っている金額。当期の利益だけでなく、前期までの利益も含まれている。

 

設立のお金、ぜんぶ資本金にした方が仕訳も楽でいいんじゃないの?

資本金を少なくした方が税金の支払額が減らせるんだよ。 

えっ!そうなの!?

うん、そうだよ。ただ、少ない方が良いってわけでもないんだ。もし、会社の規模を大きく見せたいなら、全額資本金にした方がいいんだよ。目的に応じて、だね。

 

会社設立と増資の違い

純資産の問題は会社設立と増資(新株の発行)がよく出題されます。両者で新株の発行にかかる諸費用の勘定科目名が違うため、間違えやすいのです。設立は創立費を使うので立セットと覚えておきましょう。

  両者の違い 諸費用の科目名
設立 初めて会社を作ったとき 創立費
増資 会社設立後に資本金を増やすとき 株式交付費

 

創立費
会社の設立準備のためにかかった費用。定款作成費用・株式募集のための費用などが創立費に含まれる。原則として費用として処理する。

※繰延資産として資産になる場合もあるが、2016年6月以降は簿記1級の範囲に変更された。

株式交付費
新しく株式発行するときにかかる費用。株式募集のための広告費・金融機関の手数料などが株式交付費に含まれる。原則として費用として処理する。

※繰延資産として資産になる場合もあるが、2016年6月以降は簿記1級の範囲に変更された。

参考:開業費
創立費と似ている勘定科目に開業費があります。開業費は、会社設立後から営業を開始するまでの間にかかった諸費用のことを言います。会社の設立は、登記が完了した日となりますが、実際には銀行口座の開設や事務所の契約、パンフレットの作成など、営業活動を開始する前に必要な作業を行うことになります。この作業でかかった費用は開業費という勘定科目に計上します。

創立費・・・設立前~会社設立までの諸費用
開業費・・・会社設立後~営業開始の諸費用

次の取引について仕訳しなさい。会社設立の仕訳

当社は、設立にあたって発行可能株式総数1,000株のうち100株を1株¥50で発行し、その全額について引受け・払込みを受け、払込金については当座預金とした。ただし、会社法に規定する最低限度額を資本金に計上することとした。なお、設立準備のために発起人が立て替えていた諸費用¥250を現金で支払った。

<解答>
(借方)当座預金 5,000 (貸方)資本金 2,500
                 資本準備金 2,500
    創立費   250     現金 250

<解き方>
① 払い込みを受けた金額を当座預金としたので、、左に書く。
100株×@¥50=¥5,000

 当座預金5,000/

② 『会社法に規定する最低限度額を資本金に計上』との指示があるので、資本金を限界まで少なくする。
→払い込みを受けた金額の半分¥2,500が限界。
→右に「資本金」と書く。

 当座預金5,000/資本金2,500

③ 払い込みを受けた金額のうち「資本金」としなかった残りの金額
→「資本準備金」として右に書く。

 当座預金5,000/資本金2,500
        資本準備金2,500

④ 設立準備のための費用を「現金」で支払ったので、右に書く。

     /現金250

⑤ 設立準備のための費用は「創立費」を使う。左に書く。

 創立費250/現金250

 

増資(新株発行)の仕訳

次の取引について仕訳しなさい。
増資にあたり1株につき@¥80で新株発行した。発行株式数は100株とし、全株について引受け、払込みを受けた。払込金は当座預金とし、会社法における最低限度額を資本金に計上した。増資のために要した手数料¥300は現金で支払った。

<解答>
(借方)当座預金  8,000 (貸方)資本金  4,000
                 資本準備金 4,000
    株式交付費 300      現金  300

<解き方>
① 払い込みを受けた金額を当座預金としたので、左に書く。
 100株×@¥80=¥8,000

 当座預金8,000/

② 『最低限度額を資本金』との指示がある。
→払い込みを受けた金額の半分¥4,000を資本金とする。
→「資本金」を右に書く。

 当座預金8,000/資本金4,000

③ 払い込みを受けた金額のうち「資本金」としなかった残りの金額
→「資本準備金」として、右に書く。

 当座預金8,000/資本金4,000
         資本準備金4,000

④ 増資のために要した費用を「現金」で支払ったので、右に書く。

       /現金300

⑤ 増資のために要した費用は「株式交付費」を使う。左に書く。
 株式交付費300/現金300

 

創立費と株式交付費がゴチャゴチャになっちゃう。

立のときは創立費だから、「立セット」と覚えると簡単だよ。

いいね、それ。やっと純資産、終わり~♪

いや、まだ残っているよ。配当の話は次回だね。

えっ…。

 

注目のアドバンテック 12.1インチ SVGA オープンフレームモニタ IDS-3112EN-45SVA1E ラトックシステム 紛失防止タグ Shade3D SB16CR0JA0112 PBC18-13216 Pet

繰越利益剰余金・その他資本剰余金の配当など

コメント(9) タグ:, , , ,
1 / 11
{yahoojp} {pboki.com} myp07-gui-4533