JEPY

最新の流行を追い続けるニュース・情報サイトです。

学習

【 牛刀 】 ミソノ UX10シリーズ 牛刀サーモン No.765 30cm[両刃] 【堺孝行】 カステラナイフ波刃 【テーブルパン】 【バイキング】 【送料無料】 YJ-1107

2017/28

むかし掃除機そうじきなんて便利べんりなものはありませんでした。

100年前ねんまえ使つかわれていたのは、「ほうき」と「ちりとり」です。

「ほうき」と「ちりとり」は、いまでも使つかわれていますが、掃除機はいつから使われるようになったのでしょうか?

ここでは、掃除機が誕生たんじょうするまえ掃除そうじ方法ほうほうから、掃除機が誕生してからいまかたちになるまでのうつわりをご紹介しょうかいします。

【 牛刀 】 ミソノ UX10シリーズ 牛刀サーモン No.765 30cm[両刃] 【堺孝行】 カステラナイフ波刃 【テーブルパン】 【バイキング】 【送料無料】 YJ-1107

掃除機が誕生するまでは「ほうき」と「ちりとり」で掃除をしていました。

日本にっぽん住宅じゅうたくは、たたみといたおおかったので、ほうきでいえそとにごみをはきすか、ちりとりですくってるのが普通ふつうでした。

いまのちりとりは、プラスチックや金属きんぞくでできていますが、むかしかみたけつくられていました。

【1931ねん】 日本初にっぽんはつ電気でんき掃除機そうじき誕生たんじょう

1931年、掃除機の先についたゆかブラシがモーターのちからでゴミをむ、日本にっぽん最初さいしょの電気掃除機が登場とうじょうしました。木製もくせいして使つかいました。価格かかくは110えん当時とうじ大卒初任給だいそつしょにんきゅう半年分はんとしぶんにもなるような高価こうかなものでした。

 

 

当時とうじのカタログには、おとこおんなが 掃除機を持っているえがかれていていて、「真空掃除機しんくうそうじき」とかかれています。

でもまだまだ高価こうかだったため、掃除機を使つかえるひとはほとんどいませんでした。

【1960年から1980年ころ】 掃除機が一般家庭いっぱんかていにも普及ふきゅう

西洋風せいようふう住宅じゅうたくえてきて、電気掃除機がひろまってきました。ごみをためる本体ほんたい車輪しゃりんがついて、きな方向ほうこうきをえながらすすむことができるようになりました。

現在げんざい】 そうじロボットが登場とうじょう

ひとってうごかさなくても、自動じどう部屋へやなかうごまわって掃除をしてくれる、そうじロボットが登場とうじょうしました。邪魔じゃまなものはけてうごくようにプログラムされています。

ロボット掃除機で有名ゆうめいなのが「ルンバ」で、められた時間じかんになると部屋へやを掃除してくれて、電池でんちがなくなってくると、勝手かって充電器じゅうでんきもどって充電じゅうでんしてくれます。

まとめ

50~30年前ねんまえから、現在げんざいでも使つかっているようなタイプの掃除機が登場とうじょうしました。

当時とうじはまだ一軒家いっけんやおおくて、となりのいえとのあいだひろくて、にわもあったので、室内しつないのほこりなどをそとにはきすことも多かったそうです。

でも
2017-08-21
、現在では、ほこりを家の外にはき出すことに、抵抗ていこうかんじるひとえてきました。

そこで、掃除機を必要ひつようとする人が増え、どこの家庭かていでもつようになりました。

 

-学習
-

{yahoojp} {jepy.me} myp07-gui-3216